著書紹介

生物Ⅰの点数が面白いほど取れる本

生物Ⅰの参考書で最も売れてます!

問題を解くために知っておかなければならない基本事項をとことん網羅。あらゆるパターンの問題に通用するテクニックをじっくり解説。センター試験の過去問、またはオリジナル作成の良問をしっかり掲載。

理系生物達人への道

生物II の範囲を根底から正しく理解してもらおうと書いた。暗記すべき単語のみならず、図や表から自分で考えてほしいところまで設問とした書き込み形式にしている。

センター・マーク基礎問題集 生物I

センター試験対策用に編集された問題集。センター試験の傾向を徹底追求したオリジナル問題(センター試験の過去問題を含む)で構成。受験生の盲点を突いた問題を豊富に揃えている。

センター・マーク標準問題集 生物I

“頭を使う“実験・考察問題を中心に出題、解説。解説の最後には、各問題を解くのに必要な最低限の知識や、他の問題に応用が効く考え方を明示した「覚えろ!」を設けている。

大堀講義ナマ中継 分子生物学

大学ではじめて生物系科目を勉強するハメに、講義が難しくて分子生物学がキライになりそう、もう一度、生物を勉強したい、そんなキミ・・・おれにまかせろ!講義形式だからスラスラ頭に入る! スーパー講師による画期的分子生物学入門。

大学入試にでる生物〈遺伝〉が面白いほどわかる本―新出題傾向対応版

厳しくも愛情あふれる語り口で、「nや2nは何を意味するのか」「遺伝子とDNAと染色体の違い」「細胞分裂の正しい理解」といった遺伝の基本からくわしく解説。各項は、覚えておくべき基本事項をコンパクトにまとめた「覚えとけ!」、確認問題を収録した「本当にわかってんの?」、問題を解くためヒントや論理的で明快な解答を掲載した「ヒント・解説・おせっかい」で構成。各章末には「突破試験」を収録。