コラム・お知らせ

夏期講習会「大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)」はどんなことをやる?(その3)

個体群・相互作用の分野では例えば次の問題を扱います。

 

次の問題はある大学の入試問題です(HP用に少し変更しています) 

問1 本州中部の亜高山帯や、北海道北東部の平野部に見られれ、年平均気温が6℃以下の

 寒冷な気候下で成立するバイオームは何か。その名称を答えよ。また、そのバイオームが

 極相となったときに見かける樹木の組合せはどれか。下の①~⑥のうちから最も適当なも

 のを1つ選べ。

 

問2 南は九州北部から北は関東地方内陸部の海抜700m付近まで、広い範囲に分布する。

 または平均気温13~21℃の範囲に成立するバイオームは何か。その名称を答えよ。

 また、そのバイオームが極相となったときに見かける樹木の組合せはどれか。下の①~⑥

 のうちから1つ選べ。

 

問3 九州から北海道まで分布するが、東京以西では海抜700~1600mに、東北地方

 北部から北海道では低地に成立するバイオームは何か。その名称を答えよ。また、その

 バイオームが極相となったときに見かける樹木の組合せはどれか。下の①~⑥のうちから

 1つ選べ。

 

 ①アラカシ・トウヒ・モチノキ   ②ブナ・ハウチワカエデ・オオバクロモジ

 ③ブナ・シラビソ・ヤブニッケイ  ④トドマツ・ナナカマド・コメツガ

 ⑤タムシバ・コメツガ・クヌギ   ⑥スダジイ・タブノキ・ヒサカキ

 

 

 さて、知識問題なのですが、各地方の平均気温などを暗記しておくべきなのでしょうか? 

海抜700mなども覚えておくべきなのでしょうか? 選択肢の樹木も全部覚えなくてはい

けないのでしょうか? 

 いえいえ、覚えておくべきものと覚える必要がないものがあります。講義では「何を覚え

ておけばいいのか。その覚えた知識を使えば、これを知らなくてもすらすら解けてしまうよ

う~」という開説をしますからね。楽しみにしていてください。 

 

夏期講習会「大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)」はどんなことをやる?(その2)

生体防御の分野では、次のことが正しく理解できます。

問1 MHCの型が一致しないと拒絶反応が起こるのはなぜですか? そもそもMHCって何ですか?

問2 MHCの型が一致しなくても拒絶反応が起こらない場合がありますが、それはどんなときですか?

問3 親と子は基本的に互いに移植が成立しません。それはなぜですか? しかし兄弟姉妹間では1/4の

 確率で移植が成立します。それはなぜですか?

問4  リンパ球の1つであるB細胞は、一説には抗体可変部の型を数十億種類以上作り出します。しかし、

 その抗体可変部の型を決める遺伝子は数百種類しかありません。では、この数百でどうやって数十億に

 対処するのでしょうか?

これらの生命現象を、生物基礎のレベルからきちんと積み上げながら丁寧に説明していきますからね。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

夏期講習会「大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)」はどんなことをやる?(その1)

腎臓の分野では、次のような問題を扱います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

さて、「こういうのが苦手だ」という学生さんが多いのですが、それは計算そのものが苦手なので

はなく「腎臓の構造・しくみ」を正しく理解していないだけなんですよ。それが頭に入っていないから、

自分で問題集を解いて解説を読んでも結局「?」で終わってしまうのです。そういうのは「頑張っている」

とは言いません。ただ「時間をドブに捨てている」のです。講義では腎臓のしくみを正しく理解できますよ。

そうすれば「な~んだ、自分は計算問題が苦手なんじゃなかったんだ~♪」って気が付くはず。

 ちなみに、上の問題は「バソプレッシンによって調節される水の再吸収量は、全再吸収量ののは20%で

ある」ことも用います。腎臓の仕組みをちゃんとわかっている人は「与えられた表だけじゃこの問題は解け

ないぞ」って気が付きましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年度 夏期講習会「大堀求の生物」のお知らせ。

みなさんこんにちは。英語と数学の進み具合はどうですか? そう、今は英語と数学に全力を

注いでくださいね。

でも、夏はさすがに生物をやらないと、間に合わなくなりますよ。今回は大堀のオリジナル講座

『大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)』と『大堀求の生物(生態系・進化・

系統分類)』のご案内です。

『大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)』の講義範囲

 第1章 腎臓の計算問題     

 第2章 神経

 第3章 生体防御

 第4章 個体群・相互作用

 第5章 植生

●『大堀求の生物(生態系・進化・系統分類)』の講義範囲

 第1章 生態系の構造

 第2章 生命の起源と生物の進化・人類の進化

 第3章 進化の仕組み(その1)

 第4章 進化の仕組み(その2)

 第5章 系統分類

●講義の内容

 生命現象を「正しく理解」してもらうべく解説をおこない、そのあとで代表的な

例題を演習します。

●対象とする学生さん・レベル

 受験に「生物」を使う学生さん。「生物」が苦手だ、または「生物」を初めて習うという学生さん。

代ゼミ以外の学生さんも大歓迎♪

●日程『大堀求の生物(腎臓・生体防御・神経・個体群・相互作用)』

名古屋校

 7月17日(月)~7月21日(金) 5コマ目(17時30分~19時00分)

本部校(新宿)

 7月31日(月)~8月4日(金)  4コマ目(15時30分~17時00分)

新潟校

 8月14日(月)~8月18日(金) 4コマ目(15時30分~17時00分)

●日程:●『大堀求の生物(生態系・進化・系統分類)』

名古屋校

 7月17日(月)~7月21日(金) 6コマ目(19時30分~21時00分)

本部校(新宿) 

 7月31日(月)~8月4日(金)  5コマ目(17時30分~19時00分)

新潟校

 8月14日(月)~8月18日(金) 5コマ目(17時30分~19時00分)

 

☆ 大堀求の講座は、大堀求が出講していない校舎でもサテライン放映によって代ゼミの

 すべての校舎で受講可能です。

☆ 大堀求の講座はすべて収録されますので、代ゼミ各校舎(=フレックス)・サテライン予

備校等で好きな日程・時間で受講することが可能です。

☆ これまで代ゼミに通っていなかった学生、他の塾・予備校に通っている学生さん、それ

から現役生も大歓迎です。ふるって参加してくださいねヽ(^。^)ノ

☆ 受講申し込みなどは代ゼミのHPをご覧ください。

http://www.yozemi.ac.jp/

2017年度 夏期講習会 大堀求の「ハイレベル生物」(演習講座)のお知らせ。

●演習講座の必要性

格闘技の道場に通っていろいろな技の“型”を覚えたとしましょう。ではそれだけで試合に出場したとしたら

どうなるでしょうか? その結果はわかりますよね。そりゃあ何も習わないよりはマシでしょう。

しかし、好成績を残すには“型”を覚えただけではダメ。それらを実際に使うという練習を通して「相手が

こういう技を繰り出してきたときにはこういうふうに避け、そしてこういうふうに攻撃する」という一連の動きを、

頭で考えなくても体が勝手にやってくれるようにしておく必要があります。

これは入試も同じこと。1学期の講義ではいろいろな生命現象を解説しましたね。で、君たちはそれを一生懸命

ノートに写し、そして覚えました。でもこれは“型”を習ったのに過ぎないわけです。実際に問題を解く練習を通して

「こういう問題が出題されたらこう対処する」ということが自然にできるようにしておかなくてはなりません。

で、そのためにあるのが演習の講座なのです。

さてその演習講座には『センター生物』と『ハイレベル生物演習』がありますが、今回は『ハイレベル生物演習』

についてい説明していきましょう。

 

●『ハイレベル生物演習』という講座のレベル

”ハイレベル”というくらいですから、それなりの難易度の講座です。目標とする大学は国立なら

名古屋大学・大阪大学・東北大学・北海道大学・九州大学・東京農工大学・海洋大など全国の

中堅以上の国立大学、私立なら早稲田大学・東京理科大学・慶応大学医学部、その他公立大学

の医学部・首都大学東京などです。

ただし、めちゃくちゃ難しい問題は載せていません。「本番でこのくらいの問題をキチンと

解答できれば合格圏に達する」というレベルの問題を演習するわけです。

●夏期講習で扱う範囲

 細胞(細胞分裂・生体膜など)・呼吸・同化・遺伝(独立や連鎖)など・遺伝子(DNA・RNA)

・発生などです。細胞分裂といっても「次の図を分裂の正しい順番に並べよ」とか「固定とは

何か」などという基本レベルの問題は扱いませんよ。「前期でみられる染色体の動きを100字

以内で説明せよ」とか「放射性チミジンを使って細胞周期各期の時間を求める問題」などを扱う

のです。

生体膜だって知識問題なんかは扱いませんよ。与えられたグラフから、その生体膜(細胞膜)

の性質を探るような問題を扱いますからね。なお、上記以外の範囲は冬期講習会で扱います。

●講義形式

演習の講座です。ですから予習をしてきましょう。家で問題を解いてくるわけです。じっくり

時間をかけて予習してくださいね。講義では、その問題を解くのに必要な知識、考え方、論述の

ポイントなどを解説していきます。

●注意

さて、「この講座を受けようかなあ」と思ってくださったそこの君、ちょっと待ってくださいよ。

「目標とする大学のレベルが高いから”ハイレベル”の講座を受けなくてはならないのか?」を

考えてくださいね。まずは自分の現在のレベルを確認してください。偏差値が50代にも達して

いない学生がこの講座を受けても「何を言っているのかわかんな~い」と思っているうちに

どんどん講義が進み、結局最後までわからないまま・・・なんてこともあるわけです。それは

時間とお金の無駄ですね。

この講座を受けることでさらに学力向上が望める学生は、記述模試などの偏差値が50代後半

以上です。そういう学生を60代後半~70代にしてしまおうという講座ですからね。

くれぐれも背伸びをし過ぎないようにしてくださいね。

逆に偏差値が50代後半以上の学生がこの講座に出れば、成績が伸びること間違いなし。

君が持っている生物学的知識が融合して、生物学的な思考回路が構築されることでしょう。

毎時間、「ああ、こういうふうに考えればいいんだ~!!」という発見がたくさんあるで

しょう。楽しみにしていてくださいね♪

 

●日程  

どの校舎で受講しても内容は同じです。

また大堀の講座はすべて収録され代ゼミ各校舎の「フレックスサテライン」・全国の

サテライン予備校などで好きな日時で受講可能です。

名古屋校  A週 7月17日(月)~7月21日(金)  4コマ目(15時30分~17時00分)

本部校   C週 7月31日(月)~8月4日(金)   3コマ目(13時30分~15時00分)

 

☆ 大堀求の講座は、大堀求が出講していない校舎でもサテライン放映によって代ゼミのすべての

 校舎で受講可能です。

☆ 大堀求の講座はすべて収録されますので、代ゼミ各校舎(=フレックス)・サテライン予備校等で

 好きな日程・時間で受講することが可能です。

☆ これまで代ゼミに通っていなかった学生、他の塾・予備校に通っている学生さん、それから現役の

高校生も大歓迎です。ふるって参加してくださいねヽ(^。^)ノ

☆ 受講申し込みなどは代ゼミのHPをご覧ください。

http://www.yozemi.ac.jp/

ハイレベル生物② 復習シート 第10回 (第44問~第48問)

ハイレベル生物① 復習シート 第10回 (第49問~第54問)

梅雨に入ったわけですが・・・東京周辺はなんかいい天気が続いていますね。

気温も例年に比べて低めで(←あくまで大堀の実感として)、過ごしやすいといえば

そうなんですが、なんか調子狂います。

さて、代ゼミは第10週目に入りました。1学期の終了ももうすぐですね。

頑張っていきましょう!!

復習シートハイレベル生物①10回目

2017年度 夏期講習会 大堀求の「センター試験生物」のお知らせ。

●演習講座の必要性

格闘技道場に通っていろいろな技の“型”を覚えたとしましょう。ではそれだけで試合に出場したとしたら

どうなるでしょうか? その結果はわかりますよね。もちろんボロ負けでしょう。

そりゃあ何も習わないよりはマシですよ。しかし、好成績を残すには“型”を覚えただけではダメ。

それらを「実際に使う」という練習を通して「相手がこういう技を繰り出してきたときにはこういうふうに

避け、そしてこういうふうに攻撃する」という一連の動きを、頭で考えなくても体が勝手にやってくれる

ようにしておく必要があります。

これは入試も同じこと。1学期の講義ではいろいろな生命現象を解説しましたね。で、君たちはそれを

一生懸命ノートに写し、そして覚えました。でもこれは“型”を習ったのに過ぎないわけです。実際に問題を

解く練習を通して「こういう問題が出題されたらこう対処する」ということが自然にできるようにして

おかなくてはなりません。

で、そのためにあるのが演習の講座なのです。さてその演習講座には『センター生物』と『ハイレベル

生物演習』がありますが、今回は『センター生物』についてい説明していきましょう。

 

 ●『センター生物』テキストの構成

第1章から第5章まであり、各章は5題程度の演習問題と解答・解説から成り立っています。

●講義の受け方・講義の進行

講義は90分×5回です。1回の講義で1章分ずつ進んでいきます(多少ずれることがあります)。

各章の演習問題を予習してきてください。問題にもよりますが、だいたい1題あたり10分~15分で

解きましょう。そして答え合わせをして、間違えたところはなぜ間違えたのか・どう解けばよかったのかを

考えましょう。そのあとで講義を受けましょう。講義では「その問題を解くのに必要な知識」を、そして

「その得た知識をどう使いこなすのか」を解説していきます。

●各章の内容(これは予定です。また範囲は「代ゼミの1学期の内容」+「2学期の一部」となります)

 第1章:細胞と分子・代謝

細胞小器官・生体物質と物質輸送・タンパク質と酵素・同化と異化・呼吸と発酵

 第2章:遺伝情報の発現

DNAの構造と転写・コドンの決定・遺伝子の発現・一遺伝子一酵素説・PCR法

 第3章:有性生殖

減数分裂と動物の配偶子形成・連鎖と組み換え・三点交雑による染色体地図の作成

性染色体上の遺伝子の連鎖・組換え

 第4章:動物と植物の発生

ウニの発生・誘導の連鎖と眼の形成・動物の発生のしくみ・植物の生殖と発生

 第5章:動物の反応と行動

ヒトの目の構造とはたらき・興奮の発生と伝導と伝達・神経系の構造と機能・筋肉の収縮

ミツバチの行動

 

場所・日程・時間

 本部校(新宿) C週:7月31日(月)~8月4日(金)  6コマ目(19時30分~21時00分)

 新潟校    E週:8月14日(月)~8月18日(金) 6コマ目(19時30分~21時00分)

 

☆ 大堀求の講座は、大堀求が出講していない校舎でもサテライン放映によって代ゼミのすべての

 校舎で受講可能です。

☆ 大堀求の講座はすべて収録されますので、代ゼミ各校舎(=フレックス)・サテライン予備校等で

 好きな日程・時間で受講することが可能です。

☆ これまで代ゼミに通っていなかった学生、他の塾・予備校に通っている学生さん、それから現役生

も大歓迎です。ふるって参加してくださいねヽ(^。^)ノ

☆ 受講申し込みなどは代ゼミのHPをご覧ください。

http://www.yozemi.ac.jp/

センター試験 『生物基礎の点数が面白いほどとれる本』 改訂版の内容は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 旧版は、文系の学生さんだけでなく、理系の学生さんも使えるように書き

ました。

   つまり、「生物基礎」の内容と「生物」の間の落差を埋めるように書いた

わけです。

  従って理系の学生さんにとってはとても役に立っていたのですが、文系の

学生さんたちにとってはちょっと使いにくい面がありました。

   ところが、ここへきて、他社から理系用の「生物+生物基礎」(上下巻)の

参考書を出す運びとなりました(上巻は8~9月に刊行の予定です)。

 そこで、このKADOKAWA(中経出版)の「センター生物基礎の点数が

面白いほどとれる本」は、完全に文系の学生さんだけが使うものとして

リニューアルしました。

     なお、7月には「センター生物基礎標準問題集」も刊行します。

こちらも合わせて勉強すれば、センター生物基礎は100点、間違いなし!!

 

 

 

 

 

生物基礎の点数が面白いほどとれる本、改定版出ます。

6月17日、改定版出ます!!