生物受験生

ハイレベル生物② 復習シート 2学期 第11回 (第72問~第83問)

さて、ついに復習シートが完結です。

入試本番直前に、気になる分野の知識の点検に活用しよう!!

復習シートハイレベル生物② 12回目 2学期

ハイレベル生物② 復習シート 2学期 第11回 (第64問~第71問)

冬期講習会Ⅱ期 センター頭を2次私大頭に変換する講座はこれだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この講座はセンター試験が終わった後の講座です。

ハイレベル大学で狙われる内容を、テーマごとに解説していく講座です。

1・2学期には説明していない高度な内容が盛りだくさんです。

なお、毎年、いろいろな大学で、この講座の問題が的中していますよ♪

RNA干渉

体内で生じた、または体外から侵入した異常遺伝子に対抗する手段を

われわれ生物は持っています。それがRNA干渉です。

ではこのRNA干渉とは一体どういうシステムでしょうか?

さらに人間はそれを応用していろいろな研究に生かしているのですが、

それはいったいどういう方法でしょうか?

形質転換の利用

形質転換は「他の生物の遺伝子をまた別の遺伝子に送り込む」手段とし

て利用されていますが、では形質転換は他に利用できないのでしょうか?

いえいえ、人間はとにかくアイデアの生物、ちゃんと利用してますよ。

ではどんなことに利用しているのでしょうか?

一塩基多型(SNP)

一塩基多型ってなんでしょう? それを人間は何に生かしているのでしょうか?

入試ではどんな問題が出るのでしょうか?

遺伝子の変異

塩基置換によって遺伝子の途中に終止コドンができた。にも関わらず、

その変異遺伝子から合成されるタンパク質の分子量は、正常遺伝子から

合成されるものと違いがない。

ではいったい、どういう変異が起こったのでしょうか? ひらめき問題です。

GFP

いま“はやり”のGFP。これはいったいなんだっけ?

だれが発見したんでしたっけ? どのように利用するのでしょう?

テロメア

「DNAポリメラーゼは5’から3’方向にのみ複製を行う」

「プライマーRNAってなんだっけ?」

「リーディング鎖とラギング鎖と岡崎フラグメント」

「DNAは複製のたびに短くなっていく!?」「テロメア」

「がん細胞とテロメアの関係は?」「テロメアと老化の関係は?」

などなど・・・この辺はややこしいことがたくさんですね。

でも興味深いこともたくさん。もう一回整理整頓しておきましょう。

ベクター

ベクターといえばウィルスとプラスミドですが、さらにアグロバクテリウムという

細菌もいます。これはどのような生物なのでしょうか?

アグロバクテリウムは植物に感染し、自身が持っているTiプラスミドに

存在する遺伝子を宿主の植物に送り込みます。

この遺伝子によって植物細胞が“腫瘍”を形成するのですが、ではいったい

このTiプラスミド上にある遺伝子ってどんな遺伝子なのでしょうか?

人間はどうやってベクターとして使うのでしょう?

両逆数プロット

ある酵素の阻害剤が見つかったが、これは「競争阻害なのか?」それとも

「アロステリック効果なのか?」を一体どうやって調べるのでしょう?

これは大学に入ってからも一般教養で習う可能性が高い内容ですよ。

●遺伝子ターゲティング

「この遺伝子はどんな機能を持っているのか?」を調べるにはその遺伝子の

機能を止めてみると推定できますが、ではどうやって遺伝子の機能を止める

のでしょう?

だって多細胞動物の体細胞すべてが持っているその遺伝子の機能だけ止める

んです。どうやって? それが遺伝子ターゲティングです。

MRSA・VRE

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌、略してMRSA。バンコマイシン耐性腸球菌、

略してVRE。ペニシリンGからはじまった抗生物質は細菌に対してどのように

作用するのでしょうか?

さらに薬剤耐性菌はどのような耐性を持っているのでしょうか?

性転換

生物にはその一生の間に性が変化するものがいます。でもこの場合、

オス→メスの場合と、メス→オスの場合があります。

ではどういう場合にオス→メスに性転換し、

どういう場合にメス→オスに正転換するのでしょうか?

聞いて納得、「うう~ん、生物め、やるなあ」と思うことうけあい♪

オスとメスのバトル

ミヤマカワトンボのメスは複数のオスと交尾する。これはただの“淫乱”なの?

ミヤマカワトンボのオスは縄張りを持つものと持たないものがいる。

子孫を残すために互いが戦略を張り巡らせる。では一体どういう戦略なのか?

●その他

「口蹄疫」・「プリオン」・「HIVのgP-120とヘルパーT細胞のCd-4」

「ヒトパピローマウィルスと発がんの仕組み」・「モノクローナル抗体」・

「オペロン説」など出題可能性が高く、かつ興味深いテーマがてんこ盛り。

 

 

★この講座「大堀求の生物(難解・最新分野)」では、これらのテーマについて

「どんなことか」を正しく理解してから「入試ではどういう考察・ひらめき問題が

出るのか?」を説明し、さらに「人間はこれらをどのように応用して利用している

のか?」などをわかりやすく解説していきます。お楽しみに♪

 

★日程・時間割(①~④で完結)

本部校:2018年 1月23日(火)~24日(水)

23日・・・①13時30分~15時00分 ②15時30分~19時00分

24日・・・③13時30分~15時00分 ④15時30分~19時00分

名古屋校:2018年 1月25日(木)~26日(金)

25日・・・①17時30分~19時00分 ②19時30分~21時00分

26日 ・・・③17時30分~19時00分 ④19時30分~21時00分

新潟校:2018年 1月29日(月)~30日(火)

29日・・・・①13時30分~15時00分 ②15時30分~17時00分

30日・・・・ ③13時30分~15時00分 ④15時30分~17時00分

 

★ この講座はハイレベルな内容を扱います。自分が受験する大学のレベル、

自分の現時点での実力を確認して受講するかどうか判断しましょう。

大学のレベル:国公立中堅以上の大学

欲しい偏差値:60以上(と、言いたいところだけれど・・・でも50台の後半以上は必要)

★詳しくは代ゼミのHPをご覧ください。

http://www.yozemi.ac.jp/course/koshukai/

★本部校にておこなわれる講義は収録・録画され、フレックスサテラインによって各地の

代ゼミ校舎・提携予備校などで好きな日程・好きな時間で受講することが可能です。

2018年1月実施「センター試験生物」の解説

さて、受験生の皆さん、センター試験お疲れ様でした。

できはどうでしたか?

次に解説を載せておきます。

センター試験 生物 解説 2018年1月実施

2018年1月実施「センター試験生物基礎」の解説

来年度・再来年度の受験生の皆さん、センター試験の問題を

解いてみましょう。解答・解説を次に載せておきますね。

2018年1月実施生物基礎 解説

それから、「生物基礎、どの参考書にしようかなあ?」と

迷っているそこの君、これがいいよ。ただの暗記事項の羅列

ではなく、生物の「なぜ? どうして?」にまで触れています。

 

 

 

ハイレベル生物② 復習シート 2学期 第10回 (第56問~第63問)

明日はセンター試験ですね。

ここまできたらじたばたしてもしょうがありません。

腹を据えましょう。

復習シートハイレベル生物② 10回目 2学期

ハイレベル生物① 復習シート 2学期 第12回 (第63問~第68問)

これでハイレベル①の復習シートがすべてそろいました。

お待たせしてすみませんでした。

繰り返しますが、暗記の単元はまだまだ伸ばせます。頑張れ。

復習シートハイレベル生物① 12回目 2学期

ハイレベル生物① 復習シート 2学期 第11回 (第58問~第62問)

本番まで時間が迫ってきましたが、暗記分野はまだまだ伸びます。

それ、がんばれ!!

復習シートハイレベル生物① 11回目 2学期

 

 

ハイレベル生物① 復習シート 2学期 第10回 (第53問~第57問)

ハイレベル生物① 復習シート 2学期 第9回 (第46問~第52問)

年が明けましたが、受験生の皆さんは、まだ「おめでとう」ではありませんね。

センター試験まで2週間弱ですが、暗記モノはこれから先まだまだ伸びます。

さあ、気合を入れていきましょう。

復習シートハイレベル生物① 9回目 2学期