講義進度と告知

「大堀求の生物 重要・難解分野総整理」を受講した学生さんへ(その2)

第2問で、「6’・7’はハイブリットを形成しない」と黒板に書いてしまったと思うんだけど、6’・7’はハイブリッドを形成するね。つまり遺伝子Bは、細胞XだけでなくYZWでも発現しているということになります。

ごめんなさい。

「大堀求の生物 重要・難解分野総整理」を受講した学生さんへ

もしかすると、105ページの( )の解答がきちんと伝わっていないかもしれないので、
この場を借りて解答を書いておきます。

105ページの上の方の長い四角の中の( )です。

作戦2:( 産卵しに来た )メスと交尾すること=( 倒木周辺でメスを待つ )

・・・以上です。難しい講座だったと思いますが、毎年、このテキストと似たような内容の問題がいくつか出題されますよ(^_-)

代ゼミ 3学期の生物

本科生の諸君。明日から3学期だね。テキストはもうもらったな?

講義では、3学期のテキストの問題に少しだけ沿いつつ(ときには無視

しつつ(^_^;))、特に生物Ⅱの復習をするから、「おお、復習なら是非

受講したい!!」「大堀の講義で復習したいっ\(≧∇≦)/」っていう学生

さんは参加しよう。

なお大堀は本部校・大宮校・名古屋校・横浜校で講義するけれど、

基本的に「直前完成生物①②」はどこの校舎でも同じ内容で展開するので、

自分が出やすい校舎・時間で受講してね。

なお、採点・他の科目の予習・復習などもあって3学期のテキストの予習に

時間がとれないね。なので予習してこなくてもいいように講義するから、

その辺は心配しなくてOK♪

 

復習しよう!!(講義では時間の許す限り次の内容を復習していく)

遺伝子に関する内容

●遺伝子の正体の解明

グリフィス・アベリー・ハーシーとチェイス・ワトソンとクリック

●DNAの複製とその証明(メセルソンとスタールってだれだっけ?)

●3Hチミジンって何だったっけ?

●遺伝子は何を設計しているのか?

ビードルとテータム

●転写と翻訳・タンパク質の構造

●突然変異(塩基置換・挿入・欠失の結果どうなる?)

●オペロン説

などなど

 

代謝に関する内容

●ATPとは?

●呼吸・光合成

●C4植物・CAM植物って何だったっけ?

●化学合成・窒素同化・窒素固定

などなど

 

生態に関する内容

●個体群

成長曲線・標識再補法・相変異・密度効果・生存曲線・相互作用

●植物群落

植生の決定要因・遷移・覚えるべき樹木・日本の水平垂直分布

●生態系

総生産量=純生産量+呼吸量

などなど

 

進化・系統分類

●化学進化

原始地球の大気の成分・ミラー・原核から真核へ

●進化説

自然選択説・突然変異説・隔離説・中立説

●系統分類

分類の段階・リンネの2名法と学名・5界説・動物の系統分類・植物の系統分類

などなど

「生物の予習・復習のしかた」 新代ゼミ生のみなさんへ

新代ゼミ生のみなさんこんにちは。生物担当の大堀です。

15日(月)から新学期が始まりますが、テキストはもう

てもとにありますよね?

さて、いったい予習と復習はどうしたらいいんでしょうか?

「ハイレベル生物Ⅱ①②

「スタンダード生物Ⅱ①②

予習

●生物Ⅰ・Ⅱを一応一通り習ったという人は予習しなくてOK。

予習する時間があったら・・・・あとは講義で説明しますね。

●全然習ったことがないという学生さんは、とにかくはやく1学期中に生物Ⅰ・Ⅱの全範囲に

目を通しておくこと。何を使って、具体的にこうやる・・・という話は講義でしますね。

復習

●復習は夏にやりましょう。なぜかって? 講義で説明しますね。

☆①(第1集)・②(第2集)で生物全体を仕上げます。

「第1集が生物Ⅰで第2集が生物Ⅱ」というわけではありません。第1集にも第2集にも

生物ⅠとⅡの内容が含まれています。

「センター生物

予習 生物Ⅰをとりあえずでも一通り習ったという人は予習しなくてOK。

全然習ったことがないという学生さんは、1学期分は大堀の説明を聞くだけでいいです。

夏が勝負となります。夏期に1学期の復習と2学期の範囲の予習をしておきましょう。

復習 夏にまとめてやりましょう。なぜかって? 講義で説明しますね。

「ハイレベル生物演習」

「東大京大医学部トップレベル生物演習」

予習  演習の講座なのでちゃんと問題を解いてきましょう。解けなくても講義で「ああ、

そうやって解くのかあ」ってわかればOK。力は確実についていくからね。

復習 夏にまとめてやりましょう。なぜかって? 講義で説明しますね。

「大堀求の生物」

最初のほうのページの”受講のしかた”をよく読みましょう。予習も復習もしなくていい。

でも・・・そのあともちゃんと読んでくださいね。

 

☆とにかく生物は夏が勝負となります。なぜかって? 講義で説明します。

ちょっとくどいか・・・(^_^;)

 

 

 

 

2012年 夏期講習会 生物 「生物学的思考回路【遺伝編】」(その3)

みんさん、勉強の進み具合はどうですか?

今回は夏期講習会「生物学的思考回路【遺伝編】」の内容をもう少し詳しく説明しますよ。

 

まずはいきなり一番最後の第5章をのぞいてみると・・・・む、難しい。こんな難しい問題、

解けるようになるんでしょうか? もちろんです。解けるようにするためにこの講座を作っ

たのです。この大堀が教えれば絶対に解けるようになりますからご安心を

 

第1章 多くの学生はここでコケる

● まずは語句の説明から始めます。対立遺伝子と対立形質とかもちゃんと説明しますよ。

遺伝子型って何? 表現型って何? 純系・雑種ってなんですか? すべて説明します。

● Aa × Aa → F1 AA : Aa : aa =1 : 2 : 1

さて、このF1の自家受精で生じるF2はどうやって求めるんですか?

えっ? わからないって? それは「自家受精」という語句を正しく理解してないからですよ。

ほ~ら、語句を正しく理解していないと、痛い目にあいますよ~。

語句をおろそかにしていると、センター試験の選択肢が「何を言っているのかわからん」

となるんですよ~。

● そしてこの章のメインである独立と連鎖。多くの学生がここでコケます。もっとも大堀の

説明を受けた人はコケませんが。

第2章 組換えなんか何でもない!!

なんか組み換えって、学校の教科書とかでは遺伝の最後の方に載っていて、

いかにも「これまでの応用だぞ、難しいぞ」って言っているみたいなんだけれど、

教える人がちゃんと教えれば応用でもなんでもなく、遺伝現象を考えるときの基本中の

基本なんですよ。もし「組み換えがわかんない」っていう学生さんがいたら、それはただ

”減数分裂”をわかっていないだけ。大堀はこの減数分裂からちゃんと組み換えを教え

るのでご安心を♪

● 第1章・第2章が最も重要な部分で、あとの第3・4・5・章はこの第1・2章を使って

考えていくことになります。

第3章 相互作用

連鎖・組み換えに次いで出題率が高いのがこの相互作用。特に補足遺伝子と

抑制遺伝子は教科書にも載っているのでセンター試験での出題率が高いのです。

でも第1章・第2章をクリアーしてきた人ならどうということはありません。問題の演習を

積んでいきましょう。

第4章 いろいろな遺伝現象

不完全優性・致死遺伝子・複対立遺伝子・胚乳(3n)の遺伝現象・伴性遺伝など、

これらも第1・2章をクリアーしてきた人なら何でもありません。

第5章 難しい・・・でももう4日前の君らとは違うはずだ

さあ、仕上げの章です。一番最初に書いたとおり難しい問題が載っています。

4日前の君たちはこの章の問題を見て「?? 全然わかんな~い」って思っていました。

さあ、改めてこの章の問題を見てみましょう。ほ~ら、「ああ、これかあ」ってなっていませんか?

そう、この大堀の講座を第4章まで受けていれば何ということはない。

「あれ? 遺伝てこんなもんだったっけ?」となっていること間違いなし。

 

☆ 大堀の講座は代ゼミ生はもちろん、他の塾・予備校に通っている現役生・高校生・

予備校生など参加大歓迎。ふるって受講してね♡

☆ 受講の受付などは夏期の代ゼミのホームページをご覧ください。

http://www.yozemi.ac.jp/koshukai/index.html