西表島

擬態シリーズNo.1 「クダゴンベ」

ダイビングをしているとわりと目にするのが

このオオイソバナ。植物みたいだけれど、ク

ラゲ・イソギンチャク・サンゴ・ヒドラなどの

仲間で刺胞動物門に属します。

大きいと”うちわ”の直径が2m近くになるかな・・・

 

 

で、この動物に近づいてよ~く探すと、かわいいやつがいるんだな、これが。

ほ~ら、いた。色や模様がオオイソバナに

そっくりでうま~く擬態してでしょ?。

この魚はクダゴンベというんだけれど、

こういうのがいるって知ってて探さないと

普通は見過ごしてしまうね。

脊椎動物門・魚綱・スズキ目・ゴンべ科の魚で

大きさは10cm前後。細い口で小さな甲殻類

などを捕食するんだ。あんまり泳ぎ回らず、この写真のようにじっとしていて、たま~に思い出し

たかのようにス~ッと泳いでまたじっとする・・・を繰り返しているよ。

ちなみに、メガネゴンベという魚もいるけれど、機会があったら写真を載せるね。

 

 

 

相利共生No.2

さて相利共生といえばこれでしょう。クマノミとイソギンチャク。

これは与那国島のダイビングで撮影したもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、この相利共生はちょっと説明が難しい。

というのは「相利共生が三つ巴になっている」からだ。

イソギンチャクは種類によっていろんな色のものがいる

けれど、それはイソギンチャクに共生している褐虫藻の

色なんだ。

で、この褐虫藻は、光合成をおこなって炭水化物を合成し、

その炭水化物を栄養源にして生きているわけだ。

そしてその炭水化物の一部は、生息場所を提供してくれて

いりイソギンチャクにもわたされ、イソギンチャクの成長にも

役だっている。

つまり、イソギンチャクと褐虫藻も相利共生の関係になって

いるわけだ。

ところで、イソギンチャクはこの褐虫藻に光を当てるために

”体を開いた状態”にしなければならない。

で、ここにクマノミが役に立っているようなんだ。どうやら

クマノミがいる方が体を開いた状態にしやすいらしい。

実際にくまのみがいるイソギンチャクといないイソギンチャクを

比べると、前者の方が開いている時間が長いし、成長速度も

大きいという報告があるそうだ。

瞳孔の形

講義では瞳孔の形には丸だけでなくいろいろある(うまづら系の動物・猫など)・・・

と話しましたが、そういえばこういうのもありました。

さて、、これはいったいこれは誰の瞳孔かというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コブシメというイカの仲間の瞳孔でした。

これは西表島の海で撮影しました。体表面の色・模様が

めまぐるしく変化するのはおもしろいですよ~♪

瞳孔の形

講義では瞳孔の形には丸だけでなくいろいろある(うまづら系の動物・猫など)・・・

と話しましたが、そういえばこういうのもありました。

 

 

 

 

 

 

では、いったいこれは誰の瞳孔かというと・・・

 

 

 

 

 

 

コブシメというイカの仲間の瞳孔でした。

これは西表島の海で撮影しました。体表面の色・模様が

めまぐるしく変化するのはおもしろいですよ~♪

 

偶蹄目だヽ(^o^)丿

偶蹄目はなんで偶蹄目というかは

ハイレベルやスタンダードで説明

しましたねえ。

その名の通り、蹄(ひづめ)が偶数

本だからなのですが、今回は写真

で本当にそうなっているか見てみ

ましょう。

 左は西表島の水牛です。もともと西表島には水牛

はいなかったんだけれど、たしか東南アジアの方か

ら連れてきて繁殖させているんだったかな。

さて、足を見てみると・・・

ほ~ら、蹄が2本見えますね。

もっと寄ってみると・・・

 

 

 

 

 みごとに2本、偶数だヽ(^o^)丿

 

 

 

 

 

 

後ろから見るとこんなだ。

 

ああ、また西表島行きたい~(>_<)

あそこは生物好きにはたまらんとこ

ろだよ~♪

 

マングローブ

写真は西表島のマングローブ林で

カヌー遊びをしたときのもの。

オヒルギの林です。ここは支流で

つきあたりの本流を右へ行くと、

すぐに海になります。

 

 

オヒルギの花です。ただしちょっと

時期を過ぎていて・・・

花がもうおしまい気味です。

この花から・・・

 

 

 

この胎生種子ができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オヒルギの根元を見ると、たくさんの

膝根(しつこん)が見えますね。

泥は、上流から運ばれた葉がつもって、

これらが細菌類によって嫌気的に分解

されてできたものです。つまり腐敗し

てます。なので泥を掘り返すとドブ臭

いです。

泥の中は酸欠状態で、根は空気を得るために一度地表に顔を出すわけですね。

 

 マングローブは総称名で、中にはこんなものもあります。

サキシマスオウノキというのですが、泥の上にもしっかり

立っていられるように根が板状に発達しています。このよ

うな根を板根というのです。

この板根、写真では分かりにくいですが、大堀より大きい

んですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西表島10

西表島11

西表島12

西表島13